• 未病の方
  • がんの疑い
  • がん相談
  • 会員登録(無料)
  • がんを防ぐ
  • がんの治療
  • がん助成金
  • サイトマップ

がん(疑い)の方 がん治療の方法

がん治療の方法

ホーム > がん治療の方法

  • 標準治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療)
  • 最新がん治療(遺伝子治療、免疫療法、その他の集学的治療、治験・臨床試験下治療)

 

がんの標準治療

手術

治療方法の第一に選択すべき治療法です。がんの治療が難しいのはがん細胞が塊のうちは肉眼でも見えますが、
がん細胞がバラバラになって細胞レベルで転移していると肉眼では見えません。
手術の有効性を左右するのは転移があるかどうかです。

メリット:
切除が可能ならば一気に取ることが出来る

デメリット:
治癒に時間がかかる
切除後の機能が失われる可能性がある
小さな転移は治療できない
手術不能な場所のがんには適応しない
合併症に注意を要する(感染、無気肺、出血、肺炎など)

手術

 

放射線治療

放射線を照射してがん細胞を死滅させる局所療法です。
手術と同様に転移があるかどうかで治療有効性、適応条件があります。
正常細胞に影響の少ない技術が開発されています

メリット:
照射が可能ならばポイントで死滅できる

デメリット:
炎症等の放射線障害が現れたり、めまい等の全身症状が
あることもある
密封小線源療法や放射線同位元素療法では行動制限が必要となる場合がある

放射線治療

 

化学療法

抗がん剤によってがん細胞を死滅させたり増殖を抑えたりする治療方法です。
ホルモンが密接に関わっているがんにはホルモン療法(内分泌療法)があります。

メリット:
点滴や注射、内服で薬剤が血液を通して全身を回るため微細な転移、細胞レベルのがんにも効果がある。

デメリット:
様々な副作用が見られる
がんの種類によっては効果が現れにくい
効果のあった薬剤でも、薬剤耐性で効果が無くなる
高額な薬を長期間にわたって使用する場合がある

化学療法