• 未病の方
  • がんの疑い
  • がん相談
  • 会員登録(無料)
  • がんを防ぐ
  • がんの治療
  • がん助成金
  • サイトマップ

がん(疑い)の方 がん検査

がん検査

ホーム > がん検査

がんの診断は、多くの段階を経て行われますが、自分が受ける検査の目的、方法について知っておくと、結果の説明がよりわかりやすくなります。

「すぐにでも治療してほしい」 「検査が多く、治療の予定が決まるまでの期間がとても長い」と感じることもあるかもしれません。

がんの治療では、

「治療の効果を最大限に得ること」 

手術によりがん細胞の量をできるだけ減らす②薬物療法や放射線治療でがん細胞の量を減らすと

「体への負担を最小限にすること」

手術による合併症や後遺症を減らす、薬物療法や放射線治療の副作用を軽くするを、同時に行わなければなりません。そのために、これまでにかかった病気を含め、詳しい診察と検査が行います。

 

 


 

最初は、担当医による問診と診察です。その後、より詳しい情報を得るために、血液検査や、画像検査などが行われます。

さらに必要に応じて、病変の一部をつまみとったり、針を刺して吸引したり、メスを使って一部を切除する(生検)などして採取した細胞・組織を、顕微鏡で観察する病理検査・病理診断 が行われます。これにより最終的にがんの診断を確定することになります。

また、治療方針を検討するために、病変の広がりを調べる検査が行われます。同時に心臓、肝臓、腎臓の機能をはじめとして、全身の状態を客観的に調べ、治療を受けることができる状態かどうかを評価するための検査が行われます。

がんの診断は、多くの段階を経て行われます。「すぐにでも治療してほしい」 「検査が多く、治療の予定が決まるまでの期間がとても長い」と感じることもあるかもしれません。

でも、がんの治療では、「治療の効果を最大限に得ること」 治療による「体への負担を最小限にすること」
これらを同時に行わなければなりません。そのために、これまでにかかった病気を含め、詳しい診察と検査が行います。

 

  • 最初は、問診と診察です。その後、
  • より詳しい情報を得るために、血液検査や、画像検査などが行われます。
  • さらに必要に応じて、病変の一部をつまみとったり、針を刺して吸引したり、メスを使って一部を切除する(生検)などして採取した細胞・組織を、顕微鏡で観察する病理検査・病理診断 が行われます。これにより最終的にがんの診断を確定することになります。
  • また、治療方針を検討するために、病変の広がりを調べる検査が行われます。
  • 同時に心臓、肝臓、腎臓の機能をはじめとして、全身の状態を客観的に調べ、治療を受けることができる状態かどうかを評価するための検査が行われます。
  • 検査の内容や進め方は、がんの種類や場所によって異なりますがほとんどの場合、複数の検査の結果を組み合わせて診断を行います。
  • 検査で得られる情報と、検査に伴う体への負担、合併症、費用や社会生活との兼ね合いなどを検討して考慮して患者さんの状態に応じて決められます。

 

主な血液検査・腫瘍マーカー・生理学的・画像検査

血液検査

詳細はこちら

 

腫瘍マーカ検査

詳細はこちら

 

内視鏡

胃・十二指腸ファイバースコピー
大腸ファイバースコピー
直腸ファイバースコピー
気管支ファイバースコピー

 

超音波(エコー)検査

詳細はこちら

 

X線

上部消化管X 線造影
下部消化管X 線造影
詳細はこちら

 

内視鏡的逆行性胆管・膵管造影法

腹部血管造影
詳細はこちら

 

コンピューター断層撮影

詳細はこちら

 

磁気共鳴コンピューター断層撮影

詳細はこちら

 

ポジトロン断層撮影

詳細はこちら

 

生検・病理細胞診

センチネルリンパ節生検
詳細はこちら

 

経気管肺生検法

詳細はこちら

 

悪性腫瘍遺伝子検査

抗悪性腫瘍剤感受性検査
詳細はこちら

 

骨シンチグラム

詳細はこちら