• 未病の方
  • がんの疑い
  • がん相談
  • 会員登録(無料)
  • がんを防ぐ
  • がんの治療
  • がん助成金
  • サイトマップ

がん(疑い)の方 がんと告知されたら

がんと告知されたら

ホーム > がんと告知されたら

告知は、医療者が、患者や家族と情報を共有し共に立ち向かうための大事な入口と言えます。それには医療者と上手にコミュニケーションをとる事が大事になります。また自分らしさを大事にすることも必要です。

がんの治療方法はひとつではありません。必ず複数の選択肢があります。

患者さんにとって、様々な治療方法の中から最終的な治療を決める機会は一度しかありません。 例えば、前立腺がんの場合、手術を選ぶか、あるいは放射線治療の中から密封小線源治療を選ぶか、強度変調放射線治療(IMRT)を選ぶか。どれか1つを選ぶと、他を選ぶことや、やり直しはできません。従って、治療方法の決定には細心の注意が必要です。

では、治療方法を選ぶ時に、誰に相談すれば良いでしょうか。

最初に外科の主治医を受診すると手術を勧められる可能性があります。一方、放射線が専門の主治医を受診すると放射線治療を勧められる可能性があります。 こうした時には、主治医が勧める治療法をそのまま受け入れるのではなく、セカンドオピニオン(いまか かっている主治医とは別のがん治療専門医の意見)を聴くことをお勧めします。

 

相談のポイント

一人で考え込まない。

 

どんな事でも相談しよう。

ノートを使って情報を整理。

がん治療の流れを知る

がんの発生と進行の仕組みを知ることで、治療の目的や進め方がより分りやすくなります。

 

がんの検査と診断のことを知る

詳細はこちら

 

がんのステージ(病期)を知る

がんステージの表すこと・カルテになんて書いてあるか? 詳細はこちら
がん検査の種類、確定検査・生検 詳細はこちら
[保存版]カルテの記号はこんな意味 病理検査の見方 詳細はこちら

 

治療の受け方と聞くことを知る

医師からの治療方法の説明と副作用、治療と生活、治療費用など十分理解して治療を開始します。
医師に聞くことリストはこちら

 

緩和ケアについて知る。

緩和ケアは、がんになってから最もあなたらしく過ごせるように、心と体、仕事と社会生活を含め
て支援するものです。

 

がんの再発や転移の事を知る。

再発や転移の起こり方は複雑で、必要な検査や診断方法、治療の流れもさまざまです。
体と心とがんの状態を見ながら、治療と療養について考えていきます。
がんの検査 詳細はこちら

 

補完代替療法を知る。

がんの代替療法を使用するときは、自分にとって本当に必要なものか、慎重に検討しましょう。
補完代替療法は内容をよく吟味して、エビデンス(科学的根拠)を確認する事が重要です。

 

医療にかかる費用やQOLを維持する費用、公的な助成支援制度を知る。

治療にかかるお金は大変重要です。どんな医よい治療方法でもお金が無いと治療できません。
残念ながら治療を勧める医師や医療関係者は患者一人一人のお金の相談に応じていません。
行政は多くの支援サポートの仕組みを提供していますがうまく利用するには情報収集が必要です。
このような相談は「HALがんサポート倶楽部」から医療者、行政書士などの専門家がお受けします。